カネショウ服部園

服部園|ギフトや贈答用にこだわりの静岡茶・新茶を通販でお届けいたします。

お茶の知識

静岡茶が出来るまで

HOME >  お茶の知識  > 静岡茶が出来るまで
  • 茶園から摘み取り茶葉になるまで

    茶園から摘み取り茶葉になるまで

    深むし茶(煎茶)は摘み取られてから茶葉になるまでの製造工程は、
    「荒茶」と「仕上茶」の2種類があります。

    「荒茶」とは蒸気をかけた茶の葉を揉みながら乾燥させる行程で、これらのお茶葉は
    一般には流通していません。この荒茶は卸し店や小売店などが仕入れ、
    「荒茶」をさらに【仕上げ】お茶として流通します。

    お茶揉みは、いかに揉みながら茶の葉っぱの芯まで乾燥させていくかが勝負です。
    みなさまのご家庭に着くまでには、農家さんからはじめ、多くの人の手や
    工程によってしっかりお茶の葉のしっとり具合/感触によって出来上がります。

    「服部園」から産地直送でお届けする、静岡のお茶をどうぞご賞味下さい。
    下記には茶園から摘み取られた茶葉が、お茶になるまでの工程をご紹介いたします。

荒茶(農家さんが行います)

  • 1.茶葉を摘む

    1.茶葉を摘む

    4月下旬~5月上旬に【一番茶】のお茶の葉を摘み取ります。

  • 2.蒸す

    摘みたての葉に蒸気を当てて蒸します。こうすることによって発酵を防ぎます。

  • 3.そして蒸した葉を冷まします

    蒸した葉を冷まします。

  • 4.揉む / 粗揉(そじゅう)

    熱風を当てながら、葉を揉みます。こうして水分を少しずつ飛ばします。

  • 5.揉む / 揉捻(じゅうねん)

    お茶の葉に力を加えて揉みます。水分が均一になるようにします。
    (圧力を加え茶葉を柔らかくしていきます。)

  • 6.揉む / 中揉(ちゅうじゅう)

    お茶の葉の表面に浮き出た水分を乾かす為に、回転させながら熱風を当てます。
    揉稔機で補えない茶葉の水分を飛ばしたりや茶葉をほぐします。

  • 7.揉む / 精揉(せいじゅう)

    葉を細くなるように(茶葉の型を整え水分を取り除きます。)
    機会を前後に動かしてさらに茶葉を乾燥させていきます。

  • 8.乾燥

    ここで充分にお茶を乾燥させます。こうして出来たお茶を「荒茶」と言います。

深むし茶/浅むし茶の違い!

  • 深むし茶/浅むし茶の違い!
    深むし茶/浅むし茶の違い!

    一般的に【日本茶】と呼ばれるお茶は、蒸気で蒸す蒸熱工程という工程を経ます。

    この蒸し時間によって「浅蒸し茶」か「深蒸し茶」に分かれます。
    蒸熱は生のお茶葉の中にある、酸化酵素を不活性化させることをはじめ、
    生葉特有の青臭さを除き、緑茶独特の香味を発生させ、茶葉を柔らかくします。

    蒸気によって、ムラなく蒸熱し速やかに冷却します。
    蒸熱時間は、浅蒸しが30秒程度、深蒸しでは60~90秒程度行います。
    そこから深くコクのあるお茶ができるのです。

仕上茶(私達が行います)

  • 1.仕上げ / ふるい分け

    4月下旬~5月上旬に【一番茶】のお茶の葉を摘み取ります。

  • 2.仕上げ / 切断

    ふるいの植えに残った大きなお茶を専用カッターで適当な大きさに切断します。

  • 3.選別

    「毛葉(ケバ)」をいうフワフワしたものや「茎(くき)」の削れたものや異物を取り除きます。

  • 4.火入れ

    ここでしっかりと乾燥させます。お茶の香りと味を引き出す大切な工程です。

  • 5.合組み

    各農家さんの独自のお茶の品質を安定させるために、各お茶をブレンドし、おいしいお茶を追求します。

  • 6.異物除去

    お茶に混ざっているかもしれない異物を、人の目や専用の機械で検査します。
    最近の異物除去機の進歩は目を見張るものがあります。

  • 7.袋詰、出荷

    こうして出来たお茶を同じ重さに計量し、小袋やお茶缶に詰めて販売しております。

静岡茶100%だから美味しい

  • ご自宅用

    ご自宅用

  • ご贈答用

    ご贈答用

  • 茎茶・粉茶など

    茎茶・粉茶など

  • フレーバーティー

    フレーバーティー

このページの先頭へ

商品のご注文はこちら

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
こちらのリンク先からダウンロードしてください。

コンテンツ